Windows 10がハングアップした。再起動を繰り返すといった症状で、勝手にバージョンアップをしに行って、一晩放っておいたら、ドライバーが(新システムに)対応してないとかで、セーフモードでも起動しない状況。結局、ブートセクタの異常かなんかで、どうしようもなかったので、USBメモリで起動し、Windows RE(Recovery environment,システム復元環境)に進んだ。修復もうまくいかなかったので、コマンドプロンプトで操作。
(勝手にバージョンアップしに行きやがって、つぶれたくせに!)やり場のない憤り…。
>bootrec.exe / fixmbr
>bootrec.exe / fixboot
>bootrec.exe / rebuildbcd
といくつもりが、『bootrec /fixboot』コマンドを実行した時点で、『アクセスが拒否されました』のエラー。
 さすがに嫌になって来たし、Windows 10のマシンは、もう一機あったので、そちらを使うことにし、しばらくは放置。
 昨日、最後の手段で、OSの入れ直しをした。Windows 10自体は普通に入った。まっさらのWindows 10!シンプルで動きも早い。でも使い慣れたアプリが無い…。幸いバックアップを外付けHDDにとってあったので、それからリカバリ。未練がましくいろいろとやって見たので、半日ほどかかった。
 古いシステムではあっても、’19年12月1日の『まあ、動く』システムには戻った。(今、『戻ったPC』使って打ってる)
(Backupはとっておくもんやね…)
Dec.17 ’19

カテゴリー: 日記

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です