テニスの得点については、前に書いたことですべてだと思うが、もう少しくどく書いてみる。
1ゲームのケリをつけるための得点は、シングルスであれダブルスであれ、基本的には0(「Love」とコールする)、15、30、45(「Forty」とコールする)、60(=1ゲーム)しかなく、45-45(=Forty all;「Deuce」とコールする)以降は、デュースサイドのサービスから始め、アドバンテージサイドに移り、ケリがつかなければそれを繰り返す。その際、同ポイントなら、デュースサイド、異ポイントなら、アドバンテージサイドからのサーブになる。
デュースになるまでの得点は、4×4=16通りしかなく、以下の表のようになる。

【テニスのポイントとコートサイドの関係(その1)】
Aのポイント Bのポイント 得点の合計 合計の偶奇 サービスを行う側
0 0 0 偶数 デュースサイド
0 15 15 奇数 アドバンテージサイド
0 30 30 偶数 デュースサイド
0 45 45 奇数 アドバンテージサイド
15 0 15 奇数 アドバンテージサイド
15 15 30 偶数 デュースサイド
15 30 45 奇数 アドバンテージサイド
15 45 60 偶数 デュースサイド
30 0 30 偶数 デュースサイド
30 15 45 奇数 アドバンテージサイド
30 30 60 偶数 デュースサイド
30 45 75 奇数 アドバンテージサイド
45 0 45 奇数 アドバンテージサイド
45 15 60 偶数 デュースサイド
45 30 75 奇数 アドバンテージサイド
45 45 90 偶数 デュースサイド
※ 45は通常「Forty」とコールされる
※ デュースサイド=”deuce court “、アドバンテージサイド=“advantage court ”

「得点の合計」で並べ変えると、

【テニスのポイントとコートサイドの関係(その2)】
Aのポイント Bのポイント 得点の合計 合計の偶奇 サービスを行う側
0 0 0 偶数 デュースサイド
0 15 15 奇数 アドバンテージサイド
15 0
0 30 30 偶数 デュースサイド
15 15
30 0
0 45 45 奇数 アドバンテージサイド
15 30
30 15
45 0
15 45 60 偶数 デュースサイド
30 30
45 15
30 45 75 奇数 アドバンテージサイド
45 30
45 45 90 偶数 デュースサイド
※ 45は通常「Forty」とコールされる
※ デュースサイド=”deuce court “、アドバンテージサイド=“advantage court ”

 ご覧の通り、得点の合計が偶数のときはデュースサイド、奇数のときはアドバンテージサイドから、それぞれサーブを打ち始めることになる。

 なお、ここでは意味的に“deuce court”=デュースサイド、“advantage court”=アドバンテージサイドで表記した。

カテゴリー: 日記

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です