テニスコートでサーブ練習をするのに、適当なボール入れが無かったので、ボールネットを作った。(実際は『購入したものが使い物にならなかったから作るに至った』という経緯)

1.材料は基本的に100円ショップで買った園芸用ネットとビニール紐。あと、ハサミとセロテープを使った。(下は出来上がって使ってるもの。テニスボールは32個入れてあるが、50個以上は十分入る)
園芸用ネットは十分広いので、半分に切って一つ作って使って来た。今日は、残ってた半分を使ってもう一つ作ってみる。
2.一応、作業中に抜けるとややこしいことになるので、端を縛った。(『手抜きたいし、最後に縛ればいいや』という方はそのように)
3.ビニール紐の先をビニールテープで巻く。先を小さくして網の目をくぐり易くするためだ。(『そのままでイケるじゃん』という方はそのように)
4.あとの方で気付いたが、ビニールテープ巻いた先を、ハサミで斜めに切った方が入れやすいかも。また、手縫い針等の大きな目の針(専用ツール)をお持ちの方は、それを使わない手はないでしょう。
5.あとで見たら自分とこにもあった。(たまたま、ズボンのボタンが取れたので裁縫箱開けたら、普通にあった)これ使ったらもっと速くできたし、セロテープも要らなかった!残念…。
6.縫っていく。自分は折り返して2度縫いした。(テニスボールはそれなりの大きさなので、1度縫いでも雑に縫っていっても大丈夫。まあ、縫い目の間から落ちない位に)
7.もう一方は折り返さず2度縫い。先ほどの端を縫ったビニールテープが余ったから。
8.端を結び、余分な紐を切り取る。
9.裏返しにする。(そのまま使っても大丈夫なんだけど、裏返した方が若干スマートかな…)
10.ボールを入れてみる。これで完成!
11.自分は端の紐を結んで使ってる。この方が使い易いから。(お好みで)

一応テニスボール用のネットですが、いろんなボールに応用していただけると思います。

 ただし、これによって生じる、いかなる不利益も補償いたしませんので、トライされる方は自己責任でお願いします。(’20Sept.)

カテゴリー: 日記

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です