松下電器のWN5610Kが作動しなくなったので、OSOYOO人感 センサー壁スイッチに付け替えた。同じ人感& 光センサーなのに、つなげ方は全く違う。

1.青いテープをつけたのが電源側で、何もついてない方がLED&スイッチ側のケーブル。(接地側のそれぞれの白コードは差し込みコネクタでつないでいる)WN5610Kを取り付けてたので、天井壁には丸い穴が開いてる。装置がLEDなので、付属の抵抗を並列につないである。(取り付け説明書に書いてあった)コードの端は、差し込みコネクタに丁度入るくらいの銅線の長さで、この装置に入れると結構余ってしまった。5mmくらい切り取り、ピッタリ入った。中国とは規格が違うのかな?
2.センサーの感度等を調整するならこの時点。(正常に取り付けができていれば、センサー部分を手で覆えば動作するはず)取り付けてしまったら、ネジ等を外さない限り見えなくなってしまう。一度設定してしまったら、そうそうやり直すことはないとは思うが、やはり外からも設定できるようにすべきじゃないかな。
3.適当な長さの木ネジで壁に取り付けた。(付属してた長いネジは使わなかった)
4.フタをかぶせて完了。
5.暗くなったので動作を確認。
今のところ良好だが、今日届いて取り付けたばかりなので、耐久性とかは不明。取り付けに際しては電気工事士等の免許が要るんじゃないかな?(自分は持ってるけど…)

ちなみに以前ついてた『松下電器WN5610K』は以下の通り。

6.コネクタ部分。左2つに電源側、真ん中2つにLED&スイッチ側のケーブルがそれぞれ入ってた。
7.フタを外したところ。天井や壁に取り付けてもフタを外せばセンサーの調整はできる。
8.フタをはめたところ。この状態で使ってた。

カテゴリー: 日記

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です