知ってる人たちは生きていて欲しい
それが僕らの思い

多分人類共通で
自分自身のキャパシティーに基づいてる

当人の疑いのない死亡については
予見を差し挟む余地は無いのかもしれないけど

そうでない場合は
『もしかしたら生きているのではないか?』といった疑念が生じる

たとえそれが
万万が一の確率だっとしても…
’18_4_17

カテゴリー: 日記

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です