ネットで買ったサングラスのつる(テンプルというらしい)が折れてしまったので、くっつけることにした。買って間もない(数回しか使ってない気がした…)ことでもあるし、第一、他の部分が壊れてないのに片方のテンプルが折れただけでサングラスが使えなくなるのは、なんか無駄なものを買ってしまったようで悔しい。
 ただ、せっかくテンプルをくっつけても、普通に使って(自分はテニスで普通に使ってるが…)すぐに折れるようでは意味がない!幸い我が家にはネットで買った収縮チューブと、100均で買ったエポキシ樹脂系の接着剤があったので、それらを使って補修することにした。

1.エポキシ樹脂系接着剤セットと壊れたサングラスと収縮チューブ。収縮チューブは、『適応範囲Φ3.2~5.4mm、収縮開始温度70℃、ドライヤー等の熱で収縮します。』と記載されていている。
2.適当な長さの収縮チューブを切り取る。
3.収縮チューブを折れた箇所に取り付けて、加熱する。この際、もしチューブ内に破損箇所が入らなければ、少しぐらいならラジオペンチ等を使って、チューブをじわっーと入る大きさまで広げて、使うこともできる。実際、自分は数回そのようにして使ったことがある。
4.熱を加えてテンプルの形になったチューブ。収縮チューブのラベルにはドライヤーの絵があるが、自分は、流しで水を出しながら、熱湯をかけて収縮させた。
5.エポキシ樹脂系接着剤のA、Bをチューブから紙面上に出し、混ぜ合わせて、くっつけたい部位に湿布する。
6.貼り合わせ完成。あとは接着剤が硬化するまで静かに待つ。

 こうしてサングラスは復活し、
「まだ替えんかえ。持つねー」と、テニス仲間に呆れられながら、一年ほど使い、他の箇所が折れたので、
(これは紫外線で朽ちてきたかな…)と考えて、寿命だと思い廃棄した。

7.同じ方法で左右のテンプルをくっつけたメガネ。

 7は室内用のメガネで、華奢な作り(ネットで買ったが、テンプルがかなり細かった!)だったため、買ってひと月ほどで、普通に使ってたにもかかわらず、テンプルが折れた。この方法で直して、少しして他方も折れたので、同じようにくっつけた。その後、もう2年ほどになるが、普通に使えている。
 実用に耐えるメガネのテンプル修復の一例ということで。

これによって生じる、いかなる不利益も補償いたしませんので、トライされる方は自己責任でお願いします。(’20Sept.)

カテゴリー: 日記

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です