昨日の空港コートは快晴だったが、明日は雨になりそうだし、今日は久々の散歩。瀧皇神社経由で源内山緑地、神田川沿いを一周して帰って来た。

レモンの実もでき、瀧皇神社のイチョウも紅葉して、赤とんぼも飛んでた。長袖のジャージで、汗が出るくらいの気温だが、曇ってて歩き易い。途中、源内山緑地内の小径に、孟宗竹の切れ端が横たわっていたので、脇に寄せた。東側の広場に行って、同じ道を帰って来ると、おじさんが竹を切り倒して、山の斜面から落としていた。
「おお、びっくりした。こんにちは」自分が近づいてきたことに気づかなかったようだ。
「ここにあった竹、寄せときましたよ。つまずきそうやったし」(ちょっと恩着せがましい…?)
「あっ、ごめんごめん、ありがとう」
「この竹どうするんですか?」
「ああ、ここと、ここと、こうやって切って…」竹細工の材料にでもするのかと思って聞いてると、
「下の畑で燃やす。寒うなって来るし」
「ああね。なるほど」どうも農作業の合間に暖を取る際の燃料にするらしい。
(竹って燃やすと撥ねないのかな?)とも思ったが、毎年やられてるんだろうし、そのまま通過した。もう冬の準備してる人も居るんやね。
Oct.22 ’18

カテゴリー: 日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です