はじめっからこの戦いには
勝者も敗者もなかった

(勝ちたくはなかったけど
負けるわけにはいかなかった)

二人にはあの時
〝幸せになり得ない道〟
しか選択の余地はなかった

(僕らは時間の座標軸を真っすぐに
進んで行くことしかできない…)

〝幸せ〟に思いを馳せることができるのは
この出来事が記憶の陰に隠されている刹那だけだ

君の無念さを思うといつも
いたたまれない思いに駆られる

(周りをも巻き込んだ熾烈な戦い
誰も悪くはないはずなのに…)

君たちが幸せになれるものなら
僕は喜んで礎にもなろう

でもこの戦いだけは絶対に
譲ることはできない…

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です