無数にある宇宙の
無数にある銀河

無数にある星々の
さらに無数にある惑星

その惑星の一つである地球上の
生物の一つである人間

何十億かの人間の中の
君と僕

こうしてみると
出会いなんてのは

きわめて確率の低い
偶然に過ぎないんだ

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です