君が居なくなってから
何かをし忘れている気がして

でも
何をしたらいいのか分からないまま
君の絵ばかり描いている

僕は何も知らずに
日々をやり過ごしていた

癌との戦い…

君のことだから
きっと懸命に戦ったんだと信じてる

四十…
まだ逝ってしまうには若すぎる歳だ

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です